スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

映画 鈴木先生! まさかの社会派メッセージ!?



映画鈴木先生』観ました

現在学生をしている子供達へというよりは、日本の政治経済に対してのメッセージ性が強く

私が想像していた鈴木先生とは若干違ったのが意外だった


映画ならではといった感じでしょうか


鈴木



ストーリーの中で、生徒会選挙のあり方について濃厚に描かれているが

これについては、自分が学生だった頃、違和感をか感じていた記憶がよみがえった


私が小学生だった頃、各クラスから必ず1名立候補者を選出しなければならない決まりで

もし当選でもしたら、放課後残されることになり、遊ぶ事が出来なくなってしまう

なので、私のクラスでは立候補者が出ず・・・


会長と副会長へは、クラスで成績の良い生徒が無理やり選出され

書記には、何故か私が・・・(苦

自分で言うのもおかしいが、クラスの中心人物だった為だろう
※いい意味でも悪い意味でも・・・


そして、演説の時に

「私は無理やり書記に立候補させられました。やりたくありません。なので、となりのクラスの阿部君に清き一票をお願いします」


と(笑


そんな事を訴えた結果、何故か私が当選してしまい・・・


そんな嫌な思い出がよみがえった・・・


要するに、生徒会に入る目的の共有がないまま選挙を行う事に疑問を感じていたという事だが


本作では、かなり深堀りしていて、興味深く鑑賞する事が出来てよかった


映画満足度:85%



別窓 | 映画・たまにドラマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<映画『凶悪』 想像通りのバイオレンスっぷりにちょっと感動!! | 日本酒度 | プラチナデータ 斬新という意味では東野作品ならではだが・・・ >>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。