スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

爺の襲来

これも私が学生だった頃に一人で劇場に行ったときに見た作品

キャストアウェイという映画


きゃすと2


主人公が乗った飛行機が墜落して

無人島に漂流してしまう

その島には何もなく

火のおこし方すらわからない状況で、一人生き抜く

まさに、天国から地獄

ロバートゼメキス監督、アランシルベストリ音楽

実はこの2人はバックトゥーザフィーチャーでおなじみのコンビで

個人的には5本の指に入るほどの大ファンなので

この2人のコラボというだけで

ワクワクしてしまう

きゃすと1



撮影で15キロ痩せたというトムハンクスの役者魂にもホレボレしてしまう

ストーリーの85%が、トム1人で進んでいくため

音楽がほとんど無い

無声映画と言っていいほど

淡々とストーリーは過ぎ行く



島から脱出するためのボートを造り

いざ脱出という

非情に重要なシーン

必死にボートを漕ぎ

振り返った時・・・・・

5年間暮らした島が見える


遠くから見ると・・・・・

あそこに5年間暮らしていたんだな~と

台詞は無いが、トムの表情からこみ上げてくる

その時に、初めて音楽が流れて

無声映画並に無音だったので

このシーンの音楽の意味がすごく伝わってくる


さすがはロバートゼメキス

着眼点が違う!!

そんなシーンで感動していると・・・・・


後ろの方から光が差して・・・・

映画館恒例の

『エンディング15分前に入場してくる人間』

が1人

しかも白髪の爺で

昼間だったので、観客は少なかった

爺は、キョロキョロしながら開いている席を探している

目が悪いのか、それとも頭が悪いのか

中々、開いている席を発見することができない


キョロキョロしながら、私の方へ・・・・・

私は、前列の一番左の席に座っていて

爺が段々と近づいてきて・・・・・・

まさか、俺の列に座るんじゃないだろうな・・・・

などと考えていると

なんと私の列に入ってこようとするではないか!

うっとうしい爺

最悪の爺


そんなことを考えていたその瞬間

なんと爺は・・・・・

































































「あ~~~っっっ」

と叫びながら

私の膝に座ったではないか!!!!

腹の底からびっくりした悲鳴が爺から響く

どうやら、遠くばかり見ていて目の前が全く見えていなかった様で


謝りもせずに、爺は去っていった・・・・


本当は、私が叫びたいほど驚いたが


爺は音もなく去っていった・・・・





別窓 | 映画・たまにドラマ | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<不動産川柳 | 日本酒度 | ベストを尽くすという事>>

この記事のコメント

映画^^
私も結構映画ファンなのですが

これは観てませんねぇ~(ρ_;)

ゴメンナサイ。。。


なんだか

うざいね、その爺(ノ><)ノ
2009-05-23 Sat 15:51 | URL | あかね #HfMzn2gY[ 内容変更]
あかねさんへ☆

コメント有難うございます^^

観て損は無い作品なので是非時間のある時にでも
爺との事も私が19歳の頃だったので、もう笑い話程度になってしまってますね(笑

またいらしてくださいね
2009-05-23 Sat 23:22 | URL | ぶんきち #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。