スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ジノバネリのジャンルについて 納得行かない理由


表題にあるように、ジノバネリをAORというくくりにする事に違和感を感じる

パットメセニーをジャズというくくりにするのと同じで

同ジャンルのアーティストとは一線を引いている

ずば抜けている訳ではない

誰も真似ができない音楽を作っている

探求心が凄まじいという言い方も出来る


ではどのジャンルに当てはまるのか?

結論はでない


なぜなら、ジノバネリというジャンルが出来上がってしまっているから



別窓 | ギター・ベース・音楽全般 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ジノバネリ コード展開に隠された謎 | 日本酒度 | 何を成果と見るかでビジネスは変わる>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。