スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

何を成果と見るかでビジネスは変わる



法人営業向けコールセンターサービスのありがちな絵

アポイント獲得や、資料送付を成果と見せ

有効なアクションが出来た場合のみを成果と見せる

それがエスカレートすると、1件1万の様な成果報酬というワードが出回る

外注する企業としては

成果が出ればとオーダーをするが

理想と現実のギャップは激しく


実際に訪問した結果はズタボロ

そういうトラブルを何度か目撃した事がある



成果報酬型コールセンターをけなすわけではないが

例えば断られ方など、情報のアウトプットを成果と見ない企業へは通用せず


そこにはビジネス感のギャップが存在する


成果・売り上げ・利益が重要

はい、それは正しい



ただ、受注すれば何でも良いにすると

データが取れず、営業プロセスも見えず

行方不明の見積が何件あるかまでもが見えなくなり

アウトプットを成果と見ることが出来ない体になってしまう


頭では理解出来ても

行動に反映されなければ、なんの意味も持たない


そんな経営者を目撃する事が最近多い


別窓 | コールセンター ビジネス関連 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ジノバネリのジャンルについて 納得行かない理由 | 日本酒度 | どうでもいいつぶやき>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。