スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

プラダを着た悪魔

プラダ1



昨日の夜に地上波で『プラダを着た悪魔』が放送されてました

この作品は2006年にリアルタイムで観ていたのでストーリーは理解していたが

5年前と今とでは、感じ方も若干違い

観ながらいろいろなことを思い出したりと

当時考えていた事とリンクさせながら楽しめました






主人公がやりたい事と、就職した先の企業が求めている事

仕事による私生活や友人、恋人への影響

そんなギャップを乗り越えられるか?否か?



プラダ2





今の自分に例えると

仕事を優先させる

傷みが伴う事を、周囲の人間に説明して納得してもらうという前置きがあっての事だが

この映画でそこまで描いてしまうと

リアリティーは増すが

メッセージ性が薄れてしまうので、これはこれでアリなのかと感じました


本当に自分がやりたい事をやらなければ、良いライフスタイルは作れない

そんなメッセージも感じられたが

世の中そんなに甘くなく

就職難の学生がこの映画を観ると

勘違いさせてしまうであろう


やりたい仕事をする=充実する


そんな事が言える人間は氷山の一角で

充実させるまでのプロセスが一番濃い

この作品は、就職する所までしか描いていない為

そこが曖昧



自分がやりたい仕事にこだわった人間を何人か見ているが

明らかに儲からないと嘆く人間の方が多い


これは間違った考え方かも知れないが




好きな事で食べるという事は、障害が多く犠牲はつき物

理想と現実のギャップから逃れられない者は生き残る事が困難


好きではない仕事で食べるという事は

金が生まれるスキームが出来上がっている世界に入る事が可能な為、障害は少ない

想像もしない事が起こっても、そういう業界なのだと開き直れるのかもしれない





そんな事を考えながら鑑賞する事ができたので

とても内容の濃い時間に感じた

さらに5年後にもう一度観た時に何を感じるのか・・・・

今は想像できない


映画満足度:72%
別窓 | 映画・たまにドラマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<バーゼルワールド2011 EX2モデルチェンジの行方は・・・ | 日本酒度 | ツーリスト>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。