スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

小曽根真 トリオ


10代の頃は、ひたすらエクササイズを練習しては

難曲のコピーに励んでいた

「コピーでなく、カバーだ」

と言わんばかりの、自身にあふれた表情で言っていたであろう


そんな昔の事を思い出すと

今、会社で自分が座っている席がとても不思議に思える

もし、昔の自分が今の自分の姿をみたら・・・・

想像すると、少し怖くもある


先日、そんな事を考えていて

あの頃、どんな音楽を聞いていたかな?と考えた時に思い出すのが小曽根真

19の頃、学校の友達の家に遊びに行ったときに

その友達がベスト版を貸してくれて

ひたすら聴いていた記憶が蘇り


意図的に横浜のHMVに繰り出し

DVDを買いに行く事に

購入して家に帰るまでの間

脳から放たれるドーパミンが欲しかったのかも知れない


彼女は、何のために横浜に行ったのか

あまりピンときていない様子だったが

楽しそうなので、それはそれで良しとして(笑


ジャズコーナーに行くと、早速発見

トリオのDVD

小曽根


家に帰り聴いてみると


昔聞いていた物とは、かけ離れた何かが襲ってきた・・・・

それが何か、自分ではわかっているが

考えると少し悲しくもあるので、それは口には出さず



小曽根真の曲の中でも、ダントツに好きな『ノー・シエスタ』も収録されていて

とても満足のいく内容だった



次は、上原ひろみのライブDVD辺りを狙ってみようかと思う

今日この頃でした



別窓 | ギター・ベース・音楽全般 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ニノ国 | 日本酒度 | 入り口と出口>>

この記事のコメント

ぶんきちろうさんこんにちわ。

私も音楽が大好きで、特に、「LIVE」が好きです。
CDはあまり買わないですが、DVDは、気になったらすぐ買います。
LIVEを見てから好きになるアーティストも数知れず。
臨場感がたまらなく好きです。CDだと、どうしても何か無機質に感じてしまうのは、私だけでしょうか。
JAZZでも洋楽でもジャンル問わず、いいなと思ったアーティストの曲をじゃんじゃん聴きますね~。

今度行かれるBLUE NOTEみたいなライブハウスだと、最高でしょうね~
かなりうらやましぃぃ~~です。笑
2010-12-07 Tue 14:55 | URL | ハチ。 #-[ 内容変更]
はちさん
コメント有難う御座います。

昔はビデオ版が高かったので、CDから購入して気に入ったものは映像でという流れが多かった気がします。
ライブを見てから好きになるというのは、意外性がありますね。
心の広さがうかがえます。

小曽根誠は形式にとらわれない、かなり幅広い活動をしている為、聞くCDを間違えてしまうと全く興味が湧かないかも知れません。(ジャズミュージシャンなのに、ショパンを演奏する位なので)
ベスト版に良い曲がいっぱい入っているので、是非聞いてみてください。

> 臨場感がたまらなく好きです。CDだと、どうしても何か無機質に感じてしまうのは、私だけでしょうか。
CDだとバックグラウンドの要素が加わるので、聞く体制をとらず、なんとなく流すという方が多いので、じっくりと聞いたときに無機質に感じてしまうのかも知れません。
DVDだとなんとなく流しているというよりは、じっくりと見ている時間が多いので、納得がいくのかも知れませんね。
楽器を演奏する人間にとっては、CDの方が種類が豊富なのでありがたいですね~

予断になりましたが、またブルーノートの記事を彼女がアップすると思いますので、見てやってください。
はちさんも、機会があれば大工さんと行ってみてください。



2010-12-08 Wed 14:44 | URL | ぶんきちろう #-[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。