スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

イングロリアス バスターズ


タランティーノの作品は、ホラー物意外は制覇しており


レザボアドッグスパルプフィクションに至っては別格


そんなタランティーノの新作を早速観てみた


この作品は、『つまらなかったら全額返金』という事を言っているので、さぞかし前半のテンポがいいんだな~と思って観てみると、全然そんな事なく(笑


イング1


淡々としていた(爆



ナチスドイツを許さない、殺し屋の集団と

ナチスドイツに家族を殺された女性の復習


上記2つのストーリーが最後繋がる



今までのナチス系作品とは全く逆を行く発想にかなり驚かされ

観ていてとても気持ちよかった



イング2




話の中盤からラストに向かってテンポがどんどん良くなり

エンディングもタランティーノらしい



中盤に銃撃シーンがあるのだが

レザボアドッグスさながらの見せ方をされたな~、と


昔の記憶なども出てきたりして


色々な意味で見応えがあった

今年観た作品の中では、一番良い!
※まだ1月だが


ユダヤ民族が殺されるシーンも全く出てこない作品なので

暗さも無く


ただ、タランティーノはエグいものはエグく表現する人間なので


過激なシーンが苦手な方は要注意

プライベートライアンをポップコーンを食べながら観れる方なら楽勝でしょう(爆



とりあえず、超お勧め作品


映画満足度:99%
別窓 | 映画・たまにドラマ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<サロゲート | 日本酒度 | TRUTH ~ASAYAKE>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。