スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

旅行其の壱 越後湯沢

シルバーウィークに入り、私の会社も3連休

4日目のみ稼動しているが(汗

初日から2泊3日で旅行へ出かけた☆

9/19(土) AM4:30

家を出て練馬インターチェンジ

入り口付近で、事故が起きており

これから旅行に行くであろう、家族の表情が見え(地獄のどん底の様な)

少し悲しかったが

関越自動車道を下る

朝食は毎度お馴染み『三芳パーキングエリア』にて

彼女は、三芳蕎麦

私はビッグカツカレーを(笑

かつかれー




食券を買う食堂に行くとカツカレーを食べたくなるのは何故だろう

朝食を済ませ

越後湯沢へ

湯沢でないと手に入らない地酒を

駅前にデカデカとあるタカハシヤにて購入


takahasiya.jpg


温水(俳優)に似た店員さんが、色々と試飲させてくれて

その中でも気に入った

吉乃川 三国街道』『高千代 巻機』『鶴齢 ヒヤオロシ』を購入

湯沢まで来て、酒だけ購入してホテルへ向かうのもなんだか悲しいので(笑


観光名物『ロープウェイ』に乗ることに☆



ロープウェイ



湯沢には何度も行ったことがあるが、スキー旅行だった為

この季節に観光したことが無く

少しわくわくしながら乗る

八海山巻機など

ガイドの女性が山の説明をしてくれた時に

新潟の地酒の名前になっているのは、実在する山の名前だと解った

これだけ酒記事を書いておきながら、こんな事も知らなかった自分に反省して・・・



ロープウェイを降りるとそこはアミューズメントパーク並みに開けており

ゴーカートや、ボブスレーなど

アトラクションも多数あった


アルプの里


スキー場をアミューズメントに変える場所は、私の地元の札幌にも多いので

なんだか懐かしくも思えた


池の周りに、板の歩道があり

そこから池を覗いてみると

イモリがたくさん泳いでおり

トンボも池に卵を産んでおり

とても心地よい空気を感じた



スキー場の中間地点くらいまで、散歩がてら行くだけで

40分位かかり

結構良い運動にもなる


途中にあった東屋で休憩

大自然に囲まれてとても気持ちが良い

東屋


そろそろロープウェイへ戻ろうとした時

今来た道をもどると、汗だくになる気がしたので(汗

ボブスレーを使う事に

ボブスレー




全長750mのボブスレーは

大人の2人乗りも出来るらしく

一人600円なり

少し高い気もしたが

旅行の思い出が出来ると思えば安いので

早速、券を購入

ボブスレー2


乗り場のスタッフに話を聞くと、最高で35キロ出るらしく(汗

ブレーキをかけながら行ってくださいと

口をスッパクして言われたので

脱線しないように安全運転で行こうと

一瞬は思ったが

いざ出発すると、スピード感がたまらなく気持ちが良く

かなりスピードを出していた

実際に乗って思ったが

ブレーキ無しで行くと

必ず脱線するということが解った(爆



付き合い始めのカップルの場合

密着度が高い為

良い事が有るのかも・・・(笑


そんなこんなで、ロープウェイを後に

時計を見ると15時になっており

小腹もすいてきたので

湯沢名物『へぎ蕎麦』を食べることに


へぎ蕎麦



湯沢でも有名店で、へぎ蕎麦とは

一つのせいろに2~5人前の蕎麦を盛ってそれを皆でつつく物らしく

3人前とてんぷらを注文

とてもコシがある蕎麦と、サクサクな天ぷらがとても美味しく

満足できた


食べている時に、彼女の後ろに座っていた20代女性6人組みの会話が・・・

信用金庫に新卒で入社したらしく

上司の悪口や、信金の名前などを大声で話しており・・・・

完全にコンプライアンスエラー

どこに勤めているかも、会話で解ったので

クレームの電話をもしいれたら・・・・など想像してしまった

彼女が一番腹を立てており

鬼の様な表情でへぎ蕎麦を食べていた(笑



そして宿泊予定の妙高高原へ・・・・

続く







人気ブログランキングへ





おきてがみ

 

























別窓 | 旅行 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<酒店 吉祥本店 | 日本酒度 | 景虎 初呑み切り>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 日本酒度 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。