スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ご老人に席を譲るという行為について。




電車バスでご老人譲る行為について

先日、北野たけしも言っていた

「こんな当然の事が出来ない若者が増えてきている」


うんうんと、思わず頷いてしまったが、何か違和感が・・・・


問題は、若者モラル以外にもあるのではないだろうか

席を譲られないご老人にも問題がある様な気がしてならない


電車に入ってきた瞬間、とてつもなく素早い動きで席を探すご老人に例えると

あまりにも『座りたいオーラ』が出すぎて、席を譲る側から見るとうっとうしい

決まって、両手に荷物を持っており、動きも素早い為

譲るほどの老人ではない

という結論に達してしまっているのではないだろうか



要するに、譲るべき老人と譲らなくて良い老人の見極めポイントが難しいという事を感じる



私の場合、座りたいオーラが全身から出ている老人には

「座りますか?」と声をかける事にしている

座りたいといえないのならそんなオーラ(態度)を出さないで欲しいという思いを込めて


すると、「いえ・・・・」みたいなリアクションが多い
※本当に譲らなければならない老人が居た場合は何も言わずに譲ります


譲られる方のモラル欠如が、席を譲られない根本的な原因なのかもしれない
スポンサーサイト
別窓 | 雑感 | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 日本酒度 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。