スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

特別吟醸 浦霞!!!謎の日本酒だったが、空けてさらにビックリさせられた・・・


やっと、春の香りが定着してきました

日本酒度というブログ名なのに、日本酒の記事が少ない気がしていた矢先

知人から頂いた謎の酒があったので

昨日、開けてみた

その名も 特別吟醸 浦霞!!!

パッケージもマニアックで、贈答用に作られた酒である事は伺える

浦霞1


がとても綺麗です

花見の時に飲むべきだったかも知れないが

高級酒なのでちょっと・・・・


浦霞2

純米吟醸酒ですね

日本酒度精米歩合が表記されてない辺りから、酒造会社の自信が伺えます


そして、お気に入りのお猪口に注いでみると・・・・


これは!!!

まさか・・・・

腐っている!!!!??(笑


というのは嘘で、ブランデーの様な色です

昔、軽井沢のバーで飲ませて頂いた貴醸酒なる物を思い出しました


浦霞3

下記、日本酒サイトより引用


■貴醸酒とは

迎賓館など、海外のお客さまを招き日本酒で乾杯していただく際のお酒として、国税庁醸造試験所で開発されたお酒が貴醸酒(きじょうしゅ)です。
<日本独自の高級酒>として1973年、醸造試験所の佐藤博士らによって開発。
「貴腐ワインに比較されるタイプの高級日本酒」として『貴醸酒』と名付けられました。

清酒は米、米こうじ、水から造りますが、貴醸酒は水の代わりにお酒から造るのが最大の特徴です。三段仕込みの最後、留添えで仕込水の代わりに純米酒を使って仕込みます。酒で醸すため、酵母のアルコール発酵がゆっくりと進み、エキス分の多い濃醇で香味豊かなお酒に仕上がるのです。



水を使わずに酒で作るとは

前に貴醸酒を飲んだ時に、説明を受けた記憶が戻った

味は濃厚でとても甘口


一杯だけ飲むつもりが、4杯程飲んでしまった


飲むだけではなく、ハーゲンダッツにかけて食べると、驚く程美味しい

貴醸酒は楽しみ方がいっぱいある



私の様なもんは、もう二度と手に入れることが出来ない酒なので

大事に飲む予定


とは言っても、あまり長期間空けておいても、味が変わってしまうので

程よく大切に飲みたい、そんな日本酒でした



日本酒満足度:96%


スポンサーサイト
別窓 | 日本酒 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

世界の酒とチーズフェスティバル 2012!! 試飲のはずが飲み放題イベントに・・・



先日の記事にもしたが、大丸東京店で開催されているワインイベント

世界の酒とチーズフェスティバル 2012


私は行く事ができないが、同居人が行って来たらしく

ワイン発泡酒を買ってきた


◆マディラ・ワイン Madeira Wine ◆
ポルトガルの首都リスボンの南西約1,000km、モロッコの西600kmの大西洋にあり
温暖な気候で避寒地として名高い、ポルトガル領マディラ島。
ここで造られている“酒精強化ワイン”が『マディラ・ワイン』です。
葡萄の果汁を醗酵させ、ブランデーを加えて樽に詰めた後、
30~50℃のエストファ(乾燥炉)で熟成させる、という独特な方法でつくられます。



madera.jpg


なんだか高そうな酒ですね

この酒は一人で飲むらしく、私は飲めないらしいです


あともう一本のスパークリングはこちら

マンゴー


これは一緒に飲ませて頂けるらしく(笑


この2つの差は・・・価格ですね(爆






別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨

日本酒度とは・・・

この日本酒度というブログを始めて早2年半

アクセス解析で、検索キーワードを見ていると

日本酒度』という検索キーワードで訪問者が少しずつ増えている事に気がつく

そこで、日本酒度ヤフーにて検索してみると・・・・


上から6番目に来ている(汗


ここの所、記事に出来るような味のある地酒を飲んでいないので

記事をアップできていない・・・・


ただ日本酒が好きで、ブログ名にした訳ではなく

甘口辛口まで、正直な自分の気持ちを素直に書きたいという思いと、日本酒が好きな思いが7:3位の感じ


ただ、日本酒ネタが無いわけではない

最近、超レアな酒を入手したので、近々アップしたいと思う

ただ、レアすぎて日本酒度は記載されていないが・・・(笑


乞うご期待


別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

鶴齢 純米大吟醸


久々の日本酒


鶴齢 純米大吟醸-1



新潟県でも数店しか取り扱いの無い

『超』期間限定酒を去年あけたが

今年は年末にビールやら焼酎を外で呑みすぎたせいもあり

自宅の晩酌の回数が減ったが

この酒だけは定期的にチョコチョコ呑んでおり

そろそろ底が見え始めている



鶴齢 純米大吟醸-2



味は、言うまでも無く天下一品

鶴齢独特のフルーティーな味わいをかなり堪能できるので

和食だけではなく

どんな料理にも合う


昔、私に青木酒造を教えてくれたグルメ上司が

「鶴齢を呑むと湯沢の香りがする。そんな酒他には無い」と

そんな思い出まで彷彿とさせる味わい



音楽や芸術の場合、思い出とリンクしている事が多いが

日本酒と思い出もリンクしている事に気付いてしまった



個人的には、高千代の大吟醸の方が好みではあるが

全く違うジャンルの酒と言っていいほど

フルーティーなので

これはこれ

あれはあれ

という事で(笑



今年も暮れに期間限定発売すると思うので

入荷次第購入する予定

売り切れになっていなければ






別窓 | 日本酒 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

鶴齢 ひやおろし


日本酒記事が続くが・・・

一升瓶を2本同時進行している片方


会社帰り、近所のスーパーに行くと

偶然発見!!!!



鶴齢 ひやおろし-1


我が家ではもはやメジャーになっている鶴齢

このシーズンはひやおろしが抜群に旨い!


去年のひやおろしは、火入れが甘かったのか

記憶に残らない程度の味だった


今年は猛暑で、酒の温度管理も難航したものと思われるが

早速呑んでみた


鶴齢 ひやおろし-2



鶴齢らしい!


初めて鶴齢を呑んだ時の感動を少しだけ思い出した

とても味わい深く

山田錦らしさもあるが、青木酒造らしい

独特の香りがとても美味しい!


年々、味が上がっている様に感じているのは私だけだろうか・・・・


実は、ひやおろしは祭りでいう所の前夜祭の様なもので

先日、とっておきの一本を注文した

新潟市内でも本数限定の幻の酒!

今まで購入した酒の中で一番高かっただけあり

味も気になるところだが

今開けている2本を飲み干さなければ・・・・・



別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 日本酒度 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。